マロエさん総合カウンター

トップページ 目次 新・何でも掲示板V リンク



マロエさんのお部屋



 ここにはマロエさんから「TS解体新書」に頂いた作品が収載されています。
 マロエさん、素敵な作品どうもありがとうございました!



●マロエさんの作品
俺が精液になるはずがないっ!3
 (2014.10.23)
憑依
じゅうはちきん
勢いよくOL麻衣の身体から飛び出た俺は、精液となって空を泳いでいた。早くも身体の端のほうからは、精液が飛散している。俺は恐怖に駆られ、近くの家へと入り込んだ。
俺が精液になるはずがないっ!2
 (2014.9.29)
憑依
じゅうはちきん
新婚の寝室で、俺はその奥さんに乗り移り、オナニーを楽しんでいる。これが究極のオナニ−なのか。
「あ、あぁ、ダメ……」。そして俺は――。
俺が精液になるはずがないっ!
 (2014.9.21)
憑依
じゅうはちきん
気持ちよさより、痛さが勝る30回目のフィニッシュを迎えた瞬間、1回目以上の精液が飛び出て俺の視点は切り替わった――。そして俺は精液になった!?
昼休み×屋上×魂
 (2014.6.14)
魂吹き込み
じゅうはちきん
眞子は自分のしてる行動に違和感を感じていた。
彼女は今、クラスメイトの武志を昼休みに屋上に誘い込んで、スカートを捲り上げパンツを見てもらっているのだ。
オンラインワールド2
 (2013.7.18)
変身
バーチャル
じゅうはちきん
ゲームの中に自分の精神を移すことが可能になっている近未来。僕は女性剣士としてオンラインワールドの世界に入ることになってしまった――。「オンラインワールド」の続編ですよ。
電車とバスに揺られながら
 (2013.7.10)
憑依
じゅうはちきん
電車の座席に座って脚を少し広げた今の俺は、ニットの赤いミニワンピースで身体のラインを引き立たせ、オーバーニーの白い編み上げブーツと相まってセクシーな格好だ。
精神移動4
 (2012.4.25)
憑依
じゅうはちきん
吾郎が次にターゲットに選んだのは、エレバーターガールの加奈子だった。吾郎の精神の入った恵は、ふらつく足取りで加奈子の前に辿りつくと、いきなり抱きついてキスをした。
精神移動3
 (2012.4.6)
憑依
じゅうはちきん
吾郎の精神が入っている恵は絵里を引っ張って、吾郎の家にあがりんだ。汚く散らかされた部屋だが、吾郎の精神が入ったことによって、あまり気にならなくなったのかもしれない。
精神移動2
 (2012.3.15)
憑依
じゅうはちきん
吾郎はたっぷりとレズエッチを楽しんだ後に優香から抜け出すと、今度は坂本絵里に精神を移動させた。そして自分のお尻を撫で回しながら女子トイレを何食わぬ顔で出ていった。
精神移動
 (2012.2.18)
憑依
じゅうはちきん
麗華はカツカツカツと高いヒールを響かせながら、形のいいお尻を揺らしながら歩いている。だが彼女の目つきは少しおかしい。他の女性を男が見るような目つきで眺め回している。
オンラインワールド
 (2012.3.9)
変身
バーチャル
じゅうはちきん
ゲームの中に自分の精神を移すことが可能になっている近未来。そのゲームの値段はすごく高いが、人気がありなかなか手にはいらない。それを、今日僕は手に入れた。
仕返し
 (2011.4.27)
憑依
じゅうはちきん
真由美が目覚めると、そこは女子トイレだった。だが彼女は不思議そうにあたりを見回すばかり。それもそのはず、真由美は昨日寝てからの記憶がないのだ。
プールの時間
 (2010.8.22)
憑依
じゅうはちきん
うだるような暑い夏、プールの時間を前に女子高生たちが水着に着替ていた。拓海はその中に、誰にも気づかれることなく入っていく。目的は勿論彼女たちに憑依して楽しむことだ。
幼馴染が人質に(前編)
 (2009.11.4)
憑依
じゅうはちきん
ある日のこと、幼馴染の美佳と一緒に学校の帰り道、急に彼女が苦しみだした。この症状ってまさか…。
早くもマロエさんから3作目をいただきました。
二人の異変
 (2009.10.20)
憑依
じゅうはちきん
職員室の前で放心状態になる女教師、そして職員用女子トイレの中で小さな悲鳴を上げて固まる女教師。二人に何が起きたのか……。マロエさんの2作目の投稿作品です。
新聞部部長の苦悩
 (2009.10.11)
憑依
じゅうはちきん
新入生に次々とスクープをものにされ、新聞部部長の裕也は一人落ち込んでいた。そんな彼が目撃したのは‥
「憑依モノ祭り」に参加されたマロエさんの投稿作品ですよ。
黒フードの黒魔術
 (2009.9.8)
憑依
じゅうはちきん
女剣士アリシアの前に黒いローブとフードで全身を隠した男がゆらりと現れる。彼を見た彼女の言葉は‥
マロエさんの「憑依モノ祭り」参加作品です。






inserted by FC2 system